×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンカーテキストリンクと外部リンク

  • 検索上位になる要素のひとつとしては、自分のサイトへのリンクです。
  • リンクといえば、外部からのリンクもあれば、内部のリンクもあります。
    ページ作りの場合、コンテンツごとに新しいページをつくり、サイドやトップなどにメニューをいれてリンクさせます。この内部リンクも、SEO的にはそれなりの影響があるように思います。
    注意すべきところは、トップページや主要のコンテンツのページは、フッターなど共通のレイアウトでどのページでもリンクさせるようにすることで、内部リンクの数は確保できます。
    サイトの評価の中には、ページのボリュームも要素にあるはず、それなりのキーワードで上位表示されているサイトは、リンク数もさることながら、ページ構成自体も全100P以上などボリュームのあるものになっている事実もあります。
  • リンク数を確保していくためには、内部ではサイトの増産、外部ではリンク集へ登録したり、サイト自体を運営していくことで紹介されながらその数を増やすという感じと思っています。ブログなどを使いながらリンクをするというのもひとつの方法

seo対策

外部リンク数

  • 外部要因として挙げられるのは、自分のページにリンクされている数
    面白いサイトとかためになるサイトなどは、閲覧者が自分のページやブログなどで紹介するケースがあると思います。紹介数(リンク数)が多ければ多いほど、そのサイトは評価できるサイトとして扱われるそうです。
  • ただし、機械的にリンク数を操作したりでき、本来の評価とは違う形でリンク数を増やす手法もあり、検索エンジン側でも色々とルールを変更しているようです。 リンクの重みも、評価の高いサイトからのリンクとか、同じドメイン。同じIPからのリンクなどで変化はつけられていおり、普通はよいサイトであれば、日数の経過とともにリンク数はあがる。 (実際にそのような傾向はあります)1000リンク10000円など当初から一気に外部要因を強める対策をとる方法も有効かと思われますが、 結果は分かりません。

アンカーテキストリンク

  •   アンカーテキストとは、リンクが設定されている部分に書かれた文字で、テキストでリンクをする場合にはそのテキストにはキーワードを埋め込むほうがよいとされています。
    例えば今のページについて
    外部リンクやアンカーテキストリンクについて
    ・外部リンクやアンカーテキストリンクについての詳細はコチラ
    とでは、上のほうの様にキーワードも含めた形でリンクさせるほうがよいということです。
  • 外部からのリンクはもちろん、内部リンク(自分のサイト内でのリンク)においても、このようなやり方でリンクさせるほうがベストと思われます。